FC2ブログ
Read more

青譚と口内炎

12月にソロ公演の予定が決まりました。今回は、誠実に踊りの活動を行っている久世龍五郎さんと、ソロ公演の2本立てになります。ぜひご来場ください。 撮影:左・南阿豆/志ん弥 右・久世龍五郎/Bozzo 南阿豆・久世龍五郎 Solo✖️Solo 舞踏公演12月8日(土)開場18時半 開演19時12月9日(日)開場16時半 開演17時※開場は開演の30分前です。※公演順は未定。・チケット前売り¥3,500/当日¥4,000・ご予約・お問い合わせminam...

Read more

ダンスと舞踏の境界線で

これから少しの間、自分の踊りの言葉を日々の生活と一緒に記していこうと思う。 ★デザインの職場から少し歩いた所にある定食屋の大好きなサバのみりん干し。だいぶ肌寒くなり今日はマフラーをしてパート先の会社へ行った。私のような踊りのジャンルの人間は今の世の中、特に日本では本当に活動できる場が限られていて、存在自体も認知されておらず、その踊りは言葉で表現するのも難しい。ここ十数年踊り続けてきて、舞踏家の...

Read more

ダンスの振り付けと舞踏の動きについて

以前にも少し書きましたが、最近振り付けが面白い。自分以外の踊りを見るのも楽しくてしょうがない。笠井叡さんのワークショップに1年間通って振り付けを覚えたこともあり、お盆休みには2人のダンサーの振り付けにチャレンジ。私は高く足も上がらなければ、側転もできないけれど、振り付けで新しい体の使い方にまだまだ出会えることが面白くてしようがない。イスラエルのGAGAにも初挑戦した。滑らかな背骨使いが初めて過ぎてドキド...

Read more

オハイヨ州クリーブランドに滞在。5日目。

日本を離れて5日目。モダンダンスの84歳のキャサリンさんと一緒に舞踏のワークショップ。 英語がままならないのに、どうやってワークショップをすれば良いのか…。とりあえず、話せない時は読んでもらえばいいかなと思い、やりたいことを事前に英語で紙に書いてみた。しかし…実際やってみると、飲み込みがとても早すぎる。やり続けている私よりもずっと体が馴染んでいて、内心どうしていいのか…。84歳。どう使ったって踊る体。...

Read more

京都のアジサイ、滝、神社、自転車

 地震のあった前の週に京都に行きました。この写真は、伏見稲荷神社のアジサイです。滝の音や山の自然、神様をお参りし、気持ちが落ち着きました。その日は、小雨降る京都の街を自転車で夢中で快走。加藤チャーリー千晴さんの企画で踊ります。前半はチャーリーさんのピアノソロです。後半、チャーリーさんのピアノの曲で踊ります。6.29Fri19:30open 20:00startin the mists@七針http://www.ftftftf.com/#0629facebook eventh...