Read more

謹賀新年

Happy New Year!  May this year will be happy and fruitful.謹  賀  新  年旧年中はひとかたならぬ御高配にあずかり誠にありがとうございました。今年もなにとぞ旧に倍しましてご指導,ご鞭撻のほどお願 い申し上げます。皆様には輝かしい新年を迎え,ますますのご繁栄を心よりお祈り申し上げます。...

Read more

一人でいる時間が多くて孤独だなーと思ったり、些細なことが嬉しくて世界が愛に満ちてる!と思ったり

卒業制作提出条件審査、たぶん通りました。またもやギリギリですが、108単位は取れたから多分大丈夫。ちゃんとハガキが来るまではドキドキだけど、大野一雄フェスで舞踏家の上杉満代さんが踊るお手伝いも断って泣く々篭って課題をやったかいがありました。先日の稽古で上杉さんたちにはしっかり謝ってだからこそ、やっぱりしっかり踊りも勉強もしないとと思ったいよいよソロ公演まであと1ヶ月を切りました。この10月は稽古にしても...

Read more

古典的な舞踏なのに舞踏じゃない。

舞踏っていうのは「何なんだこれは!?」と言葉にならないような踊りなんだから、あれは舞踏じゃない、と「とりふね舞踏舎」の踊りの帰りにおっしゃる方がいて、でも「何だこれは?!」という踊りをしたからって、それは舞踏なのか、!?白塗りしなくても、大地を踏みしめる踊りじゃなくてもよくて、じゃあ白塗りしてよくあるような舞踏の技を持って、「何だこれは!?」という踊りをすれば舞踏の正解なのか、どうなのか?「命がけ...

Read more

闇の中からこんにちは。

お盆休みだけど、アルバイトの私にとっては、お給料が減ってしまうので嬉しくない。でも、待ってましたと言わんばかりに踊りの予定が入って、全く休めないという状況。今まで気づかない振りをしてきたけど、色々認めてあげて諦めて対応しなくちゃいけないことがあって、それでも諦めきれないことも、生きるためにすることもある。仕方ない。色々うまくいってない。嘘。いっていることもある。不満の方が気になってしまうものだ。そ...

Read more

記憶する身体

数年前に兄と過去の記憶のすり合わせをした所、随分違いがあったし、思い込みもあるだろうし、記憶力がない割りにはある場面だけを鮮明に覚えていたりして、なんて記憶というのは当てにならないんだろうと思った。けれど、カラダにはどうやっても隠したり、ウソをつけない記憶が残されていて、ハッと立ち戻れる瞬間がある。5月のソロ公演の振り付けをやってみたら、あの劇場の匂いや熱気がカラダに戻ってきた。確かにpit北の劇場感...