Read more

満月じゃない、十五夜の木曜。

実家の玄関にあった夕顔、というか夜顔。父の四十九日が終わって、我が家に持ち帰った分骨した骨を見ながら考えていたのは何故か来年のソロ公演の構想で、何もまとまらない今日の稽古。プレッシャーと焦りと毎日の仕事と喉と耳が痛いのが疲労で酷くならないように。自分の体と相談しながら。もう生きてないけれど、私にはまだあの低いしゃがれた声で話をする父の声が頭の中から聞こえてくるし、あの時、どうしても理解できなかった...

Read more

爽やかで暖かい春風に全くついていけてない今日この頃。

「北ミサイル 10日発射の可能性」とか言われてもどうしたらいいのか、困っちゃうね。今日は健康診断に行って、とある申し込みの為に銀行に行ってきた。看護婦さんを見ては、もし看護婦になっていたらと考えて、銀行員を見ては、もし銀行員になっていたらと考えた。別にフリーターと舞踏を選んだことをどうこう思っている訳じゃないけど、やっぱり仕事の取り組み方を見て素敵な一面を見るとそれに加えて、この職業に就いて、食べる...