Read more

さよなら2010年、大晦日。

溜まった洗濯物を前に慌しくコインランドリーに行くのをやめてみる。じっくり心を落ち着けて次に備える時間も大切。今年は何か執着してることから吹っ切れたことがあって、ふわふわと始まって、着地したという感じでした。ダンスではどれくらい食べていけないのか、嫌という程体感しながら、じゃぁどうしたいのかという結論はまだ出ないまま実家の両親とこのボロアパートに何と言い訳を言おうか、ダンスをしてない頃の私を知ってい...

Read more

祭りのあと、トコトコと。

何度踊っても、もっと踊れる振り付けと、そうでない振り付けがあること、作る時に順番や組み立て方が重要だということ、に気がついた。ICit Dance Salon vol.3ご来場ありがとうございました!出演者・スタッフの皆様、お世話になりました!ありがとうございました!!!今年最後にとても得ることが多いイベントに出演とスタッフをさせて頂きました。企画のノシロさん、一日遅れたけど受付てくれたRAFTの来住さんに感謝。また、...

Read more

のこり2日。

皆既日食ももうすぐ終わってしまう。そんなことには関係なくオフィスでいつもと変わらない時間が過ぎていく。月の満ち欠けは日常に何も差支えがなくなってしまった社会。切り離されたようで切り離せない自然との関わりを農家育ちの私はもっと感じてもよいのではないだろうかと思う。実は先週の土曜にお誘いを受けて7人で出演したアノニマス舞踏会で、首を捻挫してしまい痛くてほとんど動かせない。直接舞台に関わってくる怪我は今...

Read more

元気なアートコラボ【茨城県桜川市】in 真壁授産学園

前回は2人で交代で即興をしたりしたのですが、今回は足に着目してのWS。その日の新聞紙の上をペタペタ、そ~っと歩く。不自由さの中で着いていく足跡。パートナーの由佳利さんはとっても笑顔が素敵です!最後に足洗い…。作品にはならないけれど、これが何だか今回一番良かったような気がします。...

Read more

足足足足足足のうら。

雨。昨日、3回目のアートコラボで真壁授産学園に行ってきました。本当に驚いたことなんだけど、昨日、パートナーの由佳利ちゃんの足が絵の具で汚れたので洗っていると足の裏に大きなタコを2つ見つけてしまいました。どれくらい体を使っているのか、足を見るとすぐ分かる。特に運動する機会もないだろうし、思いっきり走ったり、飛んだりしなくても過ごせる毎日。不自由なヶ所があるから障害者なのだけれど生きている環境で自由な体...

Read more

ぼくらはみんな生きている

米が稔っていたよ~~~~~~~~!涙ダンスがみたい!で舞台にいた稲。新潟市水と土の芸術祭で収穫した稲です!見えますか??あちこちに出かけていたので、アパートの隅でひっそりとしていましたが良く見たら実がなっている!?もう泥花は更地にされてしまったので、作品はありませんし、北川フラムさんも辞めてしまったので、空虚感は否めませんが、農家の笠原さんから何度かご連絡を頂いたりしました。有名な白根の凧揚げを来...

Read more

天使でも巫女でも姫でもなく、ちびまる子ちゃん

私はちびまるこちゃんは女の子という存在の価値観に革命を起こしたと勝手に思っている。私にとってまるこはヒーロー。それまでの女の子は悲劇のヒロイン(小公女セーラ、キャンディキャンディ)は、素直で頑張り屋さん、または可愛くて特別な力(魔法)が使えたり、特別な地位についていたり、した。でもちびまるこちゃんの登場で、何もできない平凡な子でも主役になってしまっているという、そう、ドラえもんがいなくても主役にな...

Read more

出し惜しみしないで、あとは第一印象を大切に。

産み出すのに大変な個人的なドラマとか理由なんていらないのに、自然にいつの間にか産まれちゃった!排泄物のようなものだよ、という方が自然の摂理に合っているし、いいと思っていたけれど、例えば亡くなった彼のためとか、働かない父親のためとか、バレエとさよならとか、重大な理由のある作品ばかりで、念が込もってるな、と思ってたけど、理由があるうちはそれなりに純粋なのかなと思う。これがなくなったら、生活のお金のため...

Read more

南阿豆という踊り子

昨日、とある人が尋ねてきて、その人の話は本当によく理解できるから多くのことを確信しながら、何でラーメンをまた食べたくなるのか?という質問に対して、本物を食べてないから、肉はダシしかなくて肉自体を食べてない、本物を食べてしまったら満足してしまうんだ、なんていう話にとても納得してしまって、本当に純粋で満足してしまうようなアートは通用しないんだ、なんて言われて何かその通りなような大きな確信と、自分が進ん...