Read more

叱る人。

今日久々にバイト先でしっかり叱られた。そう、バイトだし踊りしてるし、私にデザインの勉強してないとか教われとか、誰も言うことはなかったんですがむしろやらんでいいわ、ぐらいのモードだったんですが少しづつ責任の重い仕事も任されるようにもなってきてて「バイトだからってなめてんじゃねーぞ」だって。。。思わず、「そんなこと思ったことありません!」って切り替えしたけど。でも今まで誰も教えてくれなかったことを色々...

Read more

踊りの日常性

『Scar Tissue』という作品に出会う前まで、祝祭モードたっぷりで踊っていた私にとって日常に踊りをどう取り込むか、というのが勝負ドコロになっている。素人も玄人もゴチャませ、みんな一緒のお祭り踊りでは、お金は貰えない訳だし、生活も借金だらけになってしまうわけで、というかそんな流れがあった名残はあって苦しんではいるものの、この変化にどう対応していくかの方がずっと興味が湧いている。無駄なものなんてきっとない...

Read more

始まらない 変わらない 終わらない いつもの ありふれた 日常の中で 

色々まとめきれないことが多くて困っている。ただ生きていくための稼ぎが必要で、必死でその流れから離れないようにしているけれど、いつだってそれを永久になんてやりたくないと思っている。本当はダンスだけで食べていくなんて好きなことを心の底から嫌いになる本当の意味の覚悟と度胸がないとできないことだって分かっている。あの人を見て分かっている。私はよく他人に「自分のこと好きでしょう?」って言われますが、そんなに...

Read more

無題。

3月10日、明日で震災から2年。改めて震災で犠牲になられた方々へ哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り致します。ブログでもお伝えしておりましたが通信教育の武蔵野美術大学ですが、悪戦苦闘の結果、最終でどうしても卒業単位取得できない科目があり、本当に残念ですが、卒業を逃してしまいました。あと数単位だったので本当に残念で暫くブログを書くのも控えておりました。今までこの為に自分自身の活動やお手伝い、来場をお断り、もし...