チャングはペットのような存在で。

ワークショップ研究Ⅰの授業も今日で終了。
形を作らない、目標を決めない作業は戸惑いながらも興味深い。
何もしてないのに、踊りが次々に自然に出てくるのも面白かった。
愛用のチャングを持って、参加。

韓国に「サムルノリ」があるように、
日本でも伝統芸能を使った文化が現代音楽シーンにあったら、
鼓、三味線、琴、尺八(?!)かな。
キム・デ・ファン氏の追悼ライブで観たチャンゴは床に置いていたから、
今度韓国へ行ったら、踊りながら叩いているのをぜひ見てみたい!!
日本のチャング教室は、ちょっと価格が高すぎて、まだ参加できてません…。涙
基本的なリズム感がないので、自己流は難しい。。

230px-Janggu.jpg

ちなみに、チャングのウィキは現時点では、私がほとんど作った文章です。
なかったので作りました。



お気に入りのおおたか静流さんの曲を聴きながら
みずっちの構成台本と挌闘。
ゴングが鳴ったら、倒れるわけにはいかないのだ。

スポンサーサイト

Comment

  • 2009/08/26 (Wed) 21:21
    勇希堂主人 #wr80fq92 - URL
    現代音楽と伝統芸能

    武満徹の「ノベンバーステップス」では、琵琶と尺八がつかわれており、いつもの武満の「ぐにゃぐにゃ」とすごくあって美しいですよね。

  • 2009/08/27 (Thu) 18:57
    友だち #- - URL

    ノベンバーステップス、聴いてみたいです。
    情報ありがとうございます!

  • 2009/08/28 (Fri) 01:00
    breakaleg #hxuFh8vQ - URL
    意外かも知れませんが。

    おおたか静流さんは、即興はキム・デファンにしごかれた、と以前おっしゃってました。
    秋におおたかさんのヴォイスのワークショップをすると富士栄さんが言ってました。

  • 2009/08/28 (Fri) 22:10
    南 #- - URL

    な!なんと!!本当ですか!!!!!!!
    そんな繋がりがあるんですね。お話をお聞きしたいです。
    おおたかさんのWSは、ヴォイスはできないけど、行ってみたいです。見学のみでもいいかも。自由即興フェスは残念ながら行けないので。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する