泥花プロジェクト終了!! ~感謝の舞~

私は雨女ですが、新潟でもめったにない青空に恵まれました。
小正月祭りに来てくれた方、お手伝いしてくださった方、ありがとうございました。

最後は笠原さんをはじめとする
根岸地区保全会「天地人」の皆さんが立派なサイノカミを作ってくれました。
サイノカミに火が燃え上がるのを見て、
最高の芸術だと思いました。


4.jpg
3.jpg

走らない、暴れない、転がらない、
そんな踊りをするのは久々でした。
「火の神様と握手してもらいな」と言われて、女の子が私に握手を求めてきた時は
大変驚きました。白無垢と雅楽だから、かな。顔は暗黒舞踏メイクだけど…。


2.jpg
1.jpg

するめとお餅美味しかったです。
サイノカミの作り方(縄の結び方や組み方)、火の扱い方にしても長年の知恵が詰まっていて
素晴らしく、自然の中で培われる大切なことに沢山出会うことができました。
踊りはこういった行為を繰り返したり、工夫してできていったのだろうと思う。


100111_1418~0001

左から、サポーターミケさん、サポーター戸松さん、即興舞踊家・松崎友紀さん、
下 水の管理・お酒大好き金子さん

最後のイベントという実感がないまま、
夜空が新潟から福島、茨城、千葉、東京と変化していって自宅に着いたのは23:45.
気がついたら次の日の朝が来ていた。

おどるぞ~
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する