ヒーローという幻想。

舞台というものは時に日常から離れて、主役やヒーローなれる場所だ。
でも現実には主役もヒーローもいない。脇役や悪役や敵もいない。
現実のヒーローは嘘もつくし、いびきかくかも知れないし、滑ってタンスの角に小指をぶつけるかも知れない。
ひと昔前の漫画にはそんな主人公がよく登場する。
今の漫画はどうなのだろう。

国を代表するサッカー選手も総理大臣も尊敬に値することはあっても、ヒーローではない。
戦争をする側が正義だなんていうことは全くないわけで、
負け組み・勝ち組というメディアが面白がった言い方ももちろん好きではない。

現実の社会でどう自分を活かしていくのか、ヒーローや主役が存在しなければ何に価値観を見出していくのか、
そんなことを伝えられるテレビや映画がもっと増えればいいのに、と思う。

201005250921000.jpg
新潟の水と土の芸術祭で収穫した古代米を家で育ててます。
うまく育ったら、ダンスがみたい!12でオブジェとして一緒に舞台に上がります。
まだ目も出ません…。

実家の茨城でミニトマト、なす、きゅうり、スイカ、ピーマンの苗を父と一緒に植えました。
既にじゃがいも、とうもろこし、ほうれんそうは根ついて元気に成長してました。
201005221852000.jpg
これはひまわり。
201005221845000.jpg
これ、じゃがいも。
201005221844000.jpg
ほうれん草
201005221843000.jpg
とうもろこし
201005221841001.jpg
忘れた…なす?
201005221841000.jpg
たぶんミニトマト
201005221839000.jpg


収穫できたら一緒に踊ります♪
今年はよい気候に恵まれますように。








スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する