「結晶への憧憬 美学校ソロ舞踏集」、「Chim↑Pom(チン↑ポム)」、「Batarita Dance Company」、「地獄の季節 佐藤ペチカの場合」を見てきました。

18日土曜に舞踏評論家の竹重さんが企画した「結晶への憧憬 美学校ソロ舞踏集」へ行ってきました。
15時からそれぞれ40分で6人の踊りを観ました。ICITやファインフィールドフェスで何人もの踊りるのを経験していましたが、舞踏を沢山観るのはしんどいと思いました。2日間に分ければ良かった。

隣で展示していた「Chim↑Pom(チン↑ポム)」の映像。
素朴さに癒される私。

「Batarita Dance Company」が近くで行っているということで、もうぐったりしていましたが、立ち寄ってみると伸び伸び面白い踊りでしたので、面白いものを持ち帰れました。観れて良かったと思いました。

翌日、こちらもお世話になったり共演したりしている人が出るので、「地獄の季節 佐藤ペチカの場合」を見てきました。
舞踏評論家の宮田さんの企画でしたが、出演者も8人の内、5人は共演したことがあるせいもあり、だいたい8割のお客様が知っている人で、そんな中でも画家の池田龍雄さんと久々にお会いして茨城県の阿見町の予科練のお話をしたり、舞踏家の長岡ゆりさん、花上直人さん、ダンサーの武藤容子さんなど、何かの同窓会のようでした。

疲れ果てたこともあるし、食欲もなく、なぜか色んなことにとても落ち込んで帰りました。


さて、気持ちをリセットして踊りと仕事に取り組みます!

今週は確定申告とソロ公演のチラシ作りです。
ソロ公演の内容がだいたい決まってきました。
今回は田楽もお祭りもお休みして、今の自分と向き合いながら社会の問題に挑みます。



スポンサーサイト
Theme: 頑張れ自分。 - Genre: 日記

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する