舞台というライブ

ジブリは確かに面白い。
舞踏なんて時代遅れかもしれない
アキバに行ってコスプレを見るのは面白い
ダンスにもやり方はある

でも、そんなこと全てさて置いて、
心に残るものがある
それがライブ
好みであるとかないとか、そういうのでもなく
面白いとかつまらないでなくて
昨日の吉本大輔氏の下で行われた石川慶さんのソロ舞台は
そういうものでした。
アウラ?

一番大切なものを感じれた気がした

それと、4月に舞台をやった時、私が尊敬するI氏が
「終わった後に泣くな!!卑怯だ!!」と言っていた意味も分かりました。
いい刺激をもらいました。

次回はジョイントアートバトル。

http://www.joint-art-battle.org/08/index.html
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する