新しい風

一番やりたくなかった舞台の精算が終了しました。
ふー。

踊りの技術や心意気以外に勉強しなければいけない制作とか交渉とか、それができるようにならないとプロとしてセンスや技術があっても観る人に自分を表現していけないから、去年のソロの時もある人に「こんなことも知らないの!?」と驚かれましたが、まだまだ知らないことがあって勉強せねばと思います。頑張ります。

「処女公演」。舞踏家の上杉満代さんがそう呼んでくれました。私にとっても新たなスタート。今回は内面心理を踊りにしていったのですが、身体の内と外の関係を呼吸を通じてじっくり感じました。後は鳥のシーンがやりたすぎて、バランスが悪かったこと。全体に愛情を持って接せるようにならないと。

先日、舞踏家の点滅さんの舞台を観に行きましたが、舞台・照明・音響の使い方はさすがでした。

やってない期間も1年空きが何度かあったりもしましたが、グラフィックデザインの仕事をしてから10年を過ぎて、やっとお客さんから言われたデザインに自分が思うようにアレンジを加えてうまくご提案することができるようになりました。仕事をし過ぎて病気になってこれでは一生終えられないと思ってから、社員は辞めましたが、10年という月日・・・それぐらい時間がかかるんだと思う。踊りも今から10年経ったあとに何が出来ているんだろうと思う。

なぜアーティストということになるとやりたいことをやっている、と捉えられて羨ましがられるのか。私たちはサラリーマンでもウエイトレスでも事務員でもやりたいこととして生きることができる。こんな苦労を選んで踊りをしているのは、もちろんやりたいことだけど、今の私にはこれしかできないから。という言葉がシンプルなのかも知れない。

夕日がきれいなのでちょっと外に出てきます。
また。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する