次の世界へ

先日のソロ公演のお客様からご感想など頂き、誠に有難く思います。
次回の公演に繋げ、精進して稽古に励まさせて頂いております。

踊り手として少しづつ舞台の公演に立つ勇気と覚悟を持てるようになりました。
まだまだ始まったばかり。
これからも作品作りに専念致します。

IMG_0253.jpg
写真提供:志ん弥さん
※作品を持ち込んで、ノルマや小屋代なしでやらせてくれる劇場ってあるんでしょうか?
何かのイベントに応募するのがいいんでしょうか?

学校の卒業制作の為、大阪に行ってきました。
学校の油絵の授業では具象と抽象を学びましたが、
モノをもっと観察しなさいとかパースがズレているとか
そんな話ばかりで石膏デッサンでもしなさいと言われているような
ただ私は物を観て描くというのに喜びを感じられず
疲れてしまっていることもあるのですが
もっと違う絵の方向性が近年あるのに
教えるのはそこまでなんだなぁと思った瞬間
評価する方がいるので仕方ないのですが
枠からはみ出すことを恐れ踏み出さない教育に
やはり憤りを感じざるおえない
舞踏なんてやってしまったら
枠からはみ出した所から始まる表現だと思っているから
授業を受けるのは退屈
先生に何を言われようが自分の表現を最低限の所でやれれば
いいような気もしますが

話は変わりますが 農家の貧乏な家に生まれて
この歳になって良かったな、と思うことがよくある
節約生活や2500円のお化けが出そうなボロ宿も嫌だけど我慢できる
あの頃よりはいいかも、とか思っちゃう。
物は考えようなんでしょうね。

ちなみにボロ宿は多分看護婦さんとかの寮だった場所で
お化けは出そうだけど、とても優しくて温かいおばちゃんが管理人さんで
不思議と居心地は良かったです。
もし泊まりたい方がいましたらご紹介しますので
ご一報ください☆☆彡



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する