2月は私の一番好きな月なんです。

土曜、Dance Medium『帰ル』を観て来ました。
大雪で行けるかどうか…やっているのかどうかとハラハラしましたが、会場へ行ったらお友達も数人会うぐらい、人が集まってました。舞踏批評家協会賞を受賞した時の作品は見れなかったので、今回はどうしても観たかった。

翌日、とある尊敬している方が行くとおっしゃっていたので、予定していなかったのですが、16:00~赤レンガ倉庫、横浜ダンスコレクションを観に行ってきました。客層が舞踏公演とは全然違い、雰囲気も全然違いました。今回、最終日で受賞した方の踊りも観れました。何というか、色々考える所がありました。作品のクオリティはとても高くて、とても面白い、素晴らしいのですが、何かが足りないんです。体に悪いものを無償に食べたくなることってありますが、あぁゆう毒みたいのがほしい。。。それって何だろう、自分の踊りって何だろう、自分がやりたいことってなんだろう、自分の踊りの位置ってどこだったんだろう…。色々考えることがあって重くなって背負って帰って来ました。
最近舞踏の公演をお付き合いで観に行っても、舞踏を踊っている人が多くて踊りを踊ってない、何だか感動しない。リアリティがないんです。授賞式で室伏さんもおっしゃっていましたが、実験と完成度の間の分裂…。ここまでいかない。実験にも完成度にもいかない…。

私は、踊っているキャリアも短ければ、運動能力も柔軟性も体力も人より劣っていると思ってます。そしてそれを稽古する暇もお金も十分にない中で、何ができるんだろうって、どんな踊りをすべきなんだろうって、育ちも田舎の農家生まれで、バレエや日本舞踊を幼少からしてきた人のような基礎は全くありません。舞踏を始めた動機も素晴らしい舞踏家の先生に出会ったからでもありません。私は土方巽さんも大野一雄さんもご存命のうちに公演を観てません。その上で何ができるんだろう…って考えます。田舎育ちの踊り、現代社会で生まれた踊り、………。もっと自分ができることを見つめ直さないといけないな、と思いました。

DSC_0072.jpg
明治神宮へ行って来ました!
DSC_0070.jpg
玉砂利と混ざった雪がゴマみたい!!
DSC_0075.jpg
「夫婦楠」縁結び、夫婦円満、家内 安全DSC_0086.jpg
雪かきありがとうございました!
DSC_0104.jpg
私が夢中で撮影して、気づいたら人が増えてました。
DSC_0103.jpg
いや…、珍しいものではありません…カラスです。


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

DSC_0111.jpg
勝手にベスト雪だるま賞
お城みたいでカッコいい

DSC_0114.jpg
勝手にベスト美しいで賞
椿の目玉と不恰好さがたまらない…。


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する