2月は一番好きな季節のはずなのに今年は何か淋しい

その踊りはどこから来たのか、お客様が喜んでくれたからか、認めてくれたからか、驚いて凄いと言ってくれたからか、誰かの為なのか、そうではなくて、自分の成長と心地よさ、自分らしくある為か、生きていることを実感する為か、それとも定め、そうなるべくしてそうなっているだけなのか、そうではなくて、もっと別ものの…、たまにぐるぐると考えたりしているけれど、踊る理由なんてこれが良くてこれがダメなんてことないのだから、堂々と踊れば良いだけなのに、どうして迷ったり、悩んだりするんでしょうか。

言葉にならない、記憶にもない、どこからきたのか分からない感情が溢れたり、その時の何なのか分からない身体。そんなものに振り回されたくて、今も私は踊り続けています。

The Sick Dancer終演後特別開催
オールナイトプログラム「北千住BAP Night」無事に終了。
ご来場誠に有難うございました!
写真は大杉謙治さんです。有難うございました!!!
DSCF8991.jpg DSCF9027.jpg DSCF0642.jpgもっとシンプルに踊りたかった。
あれこれやらないというのは本当に勇気のいること。
ssssssssssssssssssss
◎回想
時間の概念は本来ないんです。
そうやって言い放った方のお話を先週の土曜に聞きました。
少しずつ暖かくなり、春の足音が聞こえてきそう。
でもなぜか、今年は時間が過ぎてほしくない。

あれをやるしかない、これをやりたい、これが目標と思うことが、実現してしまうことが、段々嬉しくなくなったのは、もっと手前にあることの方が大切なのではないかと最近思うからなのかも知れません。

では。
皆様、素敵な春をお迎えください♪


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する