FC2ブログ

ダンスと舞踏の境界線で

これから少しの間、自分の踊りの言葉を日々の生活と一緒に記していこうと思う。

IMG_2172.jpg 
★デザインの職場から少し歩いた所にある定食屋の大好きなサバのみりん干し。

だいぶ肌寒くなり
今日はマフラーをして
パート先の会社へ行った。

私のような踊りのジャンルの人間は今の世の中、特に日本では本当に活動できる場が限られていて、存在自体も認知されておらず、その踊りは言葉で表現するのも難しい。

ここ十数年踊り続けてきて、舞踏家の上杉満代氏には数年間お世話になり、色々学んだことは数多く語ることが難しいのですが、ほんの少しだけ振り付けを教わったことがあって、それは上杉さんにとっては本来教えたくなかったことだったかも知れなくて、ほんの少しの時間だったけれど、あの時以来、私は振り付けを踊るのが面白くなってしまった。まだあの時のこと、よく思い出す。

振り付けで踊った瞬間から不自由になり、内側の感覚が薄れていったり、完成度に拘って踊る喜びを忘れて機械のように踊り続けることもあるけれど、何か一つの造形をとことん拘って完成させるように、いわゆる普通の、リズムのある振り付けが実は今一番したいことになってしまった自分には随分前から気づいていたけれど、何かそんなことをしてしまったら自分のしてきた即興や内面を大切にする訳の分からないけど面白いと言ってもらえる踊りに失礼ではないかと、ずっとコソコソしていた。
いやでも、そんな筈はないから。
近々いわゆる一般的な踊りの振り付けを少し覚えられたらなぁと思っている。

私はリズムで振り付けを踊るのが苦手で、でもだから舞踏をしている訳ではなく、リズムで踊りたくないから舞踏をしている訳でもなく、純粋に舞踏が好きで、踊りをしてきただけで、でももしかしたら、その過程に舞踏があったから、振り付けを体に入れるやり方も少し違っているのかも知れないし、振り付けだけ覚えたら、リズムに関係なく、全部ズレて可笑しいけど、自分の呼吸で振りを踊ることはできると思う。あまり自慢にならなそうな特技だけど。

IMG_2175.jpg 
★一年ぶりぐらいに挨拶に行ってきた舞踏家吉本大輔さんのWSにて即興。
IMG_2179.jpg

まだサニーデーサービスを聞くには少し早い気もするけれど、寒くなってくるとなぜか聞きたくなります。
















スポンサーサイト